拠点間をインターネットで一つのネットワークに、OCNのVPN | OCNモバイルワン入門

Home » OCNモバイルワン入門 » 拠点間をインターネットで一つのネットワークに、OCNのVPN

拠点間をインターネットで一つのネットワークに、OCNのVPN

本社と支社といった離れた場所で円滑にデータのやり取りを行う方法としてVPNというものがあります。
たとえば本社が東京にあり支社が大阪にあった場合、それぞれの社内にはネットワークが構築されているかとは思います。
しかし大阪の支社から東京本社にあるファイルサーバーにアクセスしてデータを取り寄せたい場合には面倒なことになってしまいます。
特に機密性の高いものを取り扱う場合やデータが大きい場合ともなればメールなどで送ってはいられません。
そういった際に非常に役立つのがVPNです。

VPNとは日本語では仮想プライベートネットワークと訳されます。
2つのプライベートネットワークを仮想的に1つにみせかけることができるサービスです。
上記の例でいえば東京本社と大阪支社を1つの大きなプライベートネットワークとして扱えるようになります。

かつては専用線といった拠点間を直接的に接続するものが主流でした。
しかし専用線はセキュリティ面には優れているのですがコストが高いことと、1対1での接続となるため複数の支店があった場合には支店間でのやりとりが行えないなどデメリットもありました。

VPNはインターネット網を介して拠点同士を接続しているため、コスト面や柔軟性において専用線よりも優れています。
OCNではOCNビジネスパックVPNというサービスがあり、VPN機器のレンタルや電話サポートまで受けることのできるものが用意されています。

※OCNビジネスパックVPNについて http://www.vpn-pack.com/

OCNモバイルワン入門